本文へジャンプYokohamal Contemporary Ongakuin Official Site
             Contemporary

Q&A
Saxophone
Trumpet
Trombone
Clarinet
Flute


..


金管楽器はアンサンブルの花形、
......................................バンドに華やかさを与えます
木管楽器系は柔らかな音色で安らぎを与えます
管楽器は人気のある楽器ですが音が出るまでがある程度の時間がかかり辛抱が要求される楽器です


ビッグバンドのテクニックをつけたい方も
コンテンポラリーのサックス、トランペット、
トロンボーンなどの管楽器の講師陣は、
ニューハード、シャープ&フラッツ等ビッグバンド
にも在籍活動していたのでビッグバンドの
アンサンブル、ソリ、譜面の読解力などの
ビッグバンドの技術もレッスンしています。



サックス科 伴田 裕
十年にわたるニューヨークでの経験を感じさせる
東洋大学経済学部出身、学生時代はグルーピーサウンドに所属、サックスを習得する。卒業後ニューヨークへ渡りサックススクールのジャズモービルに学びチャーリーデービス、ドンブレイドンに師事、その後米国で演奏活動に入る。
九年間のニューヨークでの活動後帰国、国内で活動を始める。今最も嘱望されるサックスプレイヤーの一人。
演奏活動のほか大手企業のビッグバンドの指導もしている。

神田の常設のビッグバンドのライブハウスのTNスイングオーケストラのレギュラーメンバーを務めている
伴田先生に聞く
サックスレッスンの ワンポイントアドバイス
 1









菅楽器の選び方のポイントは

未経験者はできるだけ信頼のおける人に選ん
でもらうことをオススメします。
買う前にスクールなどで相談すると良いでしょう。
新品の楽器購入する際にはできれば同じタイプのも
のを三本用意してもらい、吹き比べると違い
が良くわかります。ヴィンテージ楽器を購入す
る際は楽器の状態を細かいチェックする必要があります。
時間をかけて何度も楽器店に足を運び”これだ!!”
と思う楽器にめぐり合うまでじっくり探すことです
ワンポイントアドバイス2 マウスピースを選ぶ場合に気をつけること

マウスピースは楽器同様、一見同じ形をしていても出来上がり画一本一本違うので必ず同じタイプのものを何本か試奏して選ぶことをお勧めします。
開きのひろいマウスピースは大きな音を出しやすい反面細かな表現をするのに苦労しますから注意が必要です。
またリードとの相性もあるのでさまざまなタイプのリードで
試奏するとさらに良いでしょう
いずれにしても出したい音のイメージを持っていることが必要です。
ワンポイントアドバイス3 リズムを良くする方法は

メトロノームに合わせてスタッカートでタンギングまずはメトロノームでテンポ四分音符60〜80、で鳴らしてスタッカートのタンギングを四分音符で練習してください。
メトロノームのカチカチ音が聞こえなくなったったポイントがジャストのタンギングポイントです。
違うリズムでも練習してみましょう。もちろんレガートでも練習して見ましょう。それぞれ練習できるようになったら、違う音にもスムースに切り替えられるようにしましょう。
この練習により安定したメロディー、フレーズが吹けるようになると思います。
コードに関して初心者が知っておいたほうが良いこと

メイジャースケールの音名、ドレミファソラシドをCDEFGABCにすぐに置き換えられること。またスケールの順番号12345678でも考えられることが必要です。
コードは基本的にこの奇数番号の音を(1357)を積み重ねたものになりますが、このメイジャースケールを元にドミナンシ7の場合は7番目の音をbフラットにすることなどスケールと番号=度数の関係を理解しておくことです。 ワンポイントアドバイス5練習に向いている曲は
「星に願いを」などのメロディーのやさしいバラードをロングトーンの延長と考え各音の音程、音色、音質に注意してフレーズに強弱をつけ抑揚をつける。
もう一つは「枯葉」などのダイアトニックコードがきちんと順番どおり出てくる曲、ジャイアントステップのような頻繁に転調を繰り返す超難曲

伴田先生のライブ演奏
Monk Well you Need'nt
















サックス科  竹内 直
情熱的でパワフルでプログレツシブな演奏スタイルが人気若くして渡米、バイヤードランカスター、ステーブグロスマン、ジョージコールマンらに学ぶ。
自分のグループ以外にも色々なジャンルの音楽のサポートバンドもしておりジャズにとどまらずジャンルを超えた活動をしている
情熱的な演奏にはファンが多い
ミュージシャンのサックス部門の人気投票では常に1、2位をキープしている人気ミュージシャン


サックス科 平山満
1978年神奈川県厚木市出身
1997年関東学院大学に入学しテナーサックスを購入、在学中にライヴ活動を始める。<

2006年奨学金を得てバークリー音大に入学。作編曲とジャズサックスを学ぶ。<
2008年6月人間味溢れる成績で卒業。
2009年2009年 夏、ハンガリーで開催された国際ジャズコンペティションに自己のリーダーグループでファイナリスト として選出され本選では3rd Prize を受賞。審査員のアントニオ・サンチェス氏から好評を得る。*2010年2月 1st アルバム"saxolin"を発表* *2014年6月 2nd アルバムinteractive"を発表*
*2015年6月 3rd アルバム"alive"を発表* *現在東京神奈川を中心に精力的に活動中。
特に好きなプレーヤーはジョニーグリフィンとスティーヴグロスマン ジョーヘンダーソン


,


 

 

ou

 



サックス科クラリネット科 皆川亨  
ビッグバンドのニューハードオーケストラに在籍後、自分のバンドで活動中。
オーソドックスでホットな演奏が売り、
ミュージシャンの生活をルポしたNHKの番組に出演、話題を集めた

 トランペット科  村田浩 
日本の音楽界をリードしているジャズ界の巨匠
日本各地での演奏旅行の合間を縫ってトランペットのレッスンをこなしています。
初心者からでも基本から丁寧に易しくレッスン。

<トランペット科 鈴木基冶
ビッグバンドの東京ユニオンで活躍
オーソドックスで幅の広い音楽性を持つ
歌手のビッグバンド用のアレンジもこなしている
音楽理論、アレンジ講座、リズム講座を担当

トロンボーン 平尾孝夫
音色のまろやかさはピカイチ
デキシーキングスなどをフリー
デキシーからモダンまで多様
なバンドで活躍
ほのぼのとした穏やかな人柄
が人気

Q&A

横浜コンテンポラリー音楽院
Contemporary School Infomation
スクールの沿革
       1979 横浜市中区山下町に設立       
       現住所   横浜市中区蓬莱町2−5−1 タイムズステーション関内
       tel 045−261−2110 fax 045−261−2106 
       E−mail con@music.nifty.jp 
       開講時間  平日  1〜11:00pm 
               土日曜 12〜9:00pm 休校日   月曜